「写真集2(失敗編)」

前回に引き続き、今回も写真集にお付き合いを。
しかも、今回は「失敗写真集!」
自然を楽しむための道具のひとつがデジカメ。
失敗を恐れずに撮影して記録を残せる、というのが何よりの強み。
なので、“数を撃つ”のが勝負!というのがワタシの持論。
しかしそんな風にしていると、多数の失敗写真が溜まります。
ワタシの場合、芸術的な雰囲気の「これぞ自然写真!」に執着してません。
意外に、失敗写真にこそ、「実際の見た目」に近かったりすることが多いモンで、となると、失敗写真であろうと出来るだけPCに保存するワケで、それはそれで大変なことになります。
ピンぼけや露出ミスなどは日常茶飯事で・・・、
何を撮りたかったのかよく分からん写真。一応お花畑の色とりどりを撮ったつもり・・・。
110617%20087.jpg
こうなると、もっと分からんですね。しかもボケてるし・・・。
110404%20012.jpg
対象が鳥となると、さらに難易度アップ!必然的に失敗写真の確率もアップ!!
よくある「黒つぶれ」&「点」写真・・・。
(このシルエットで「チュウヒ」っぽい、と思う人はマニアですね~。ワタシ的には「実際の肉眼での見た目に近い」という意味でこういう写真もアリかと・・・)
110618%20011.jpg
距離が遠い上に枝かぶり。PCで見てから「なんだかなぁ~」となります。
110618%20006.jpg
こちらは、この上ないほどの枝かぶり。よく見つけたもんだ、と我ながら感心するほど。
110419%20007.jpg
せっかく近くで撮れても、良い角度で撮れるとは限りません。
110210%20010.jpg
なんで二羽ともそっぽ向いてんのぉ~?
110506%20038.jpg
この瞬間を狙って撮るほうがムズカシイかと・・・。
110506%20071.jpg
110210%20002.jpg
失敗を恐れず、「とりあえず」的に数を撃っていると、意外にいい雰囲気で撮れることもあるんです。
110505%20011.jpg
デジタルの世界では、パソコンやカメラの機能を使って、本来よりも明るくしたり、色を良くしたり、演出したり、と自由自在な昨今。だけど、それよりも失敗写真の方が、本来の自然の雰囲気が出るんでないかな・・・、と負け惜しみ・・・。

コメント

  1. TOGZ より:

    「自然だより」(私が勝手につけました)楽しく、意義深く見せていだだいてます。
    今回の失敗編は、逸品(?)揃いですね。矢印がないとほとんど気付かない大きな目、何の鳥なのでしょう。ヤマガラ下の写真は、フクロウのような目をした鳥が羽をばたつかせているなんてことなら、絶品ですね。
    これからも楽しませていただきます!

  2. Ftre-zen より:

    TOGZさん、コメントありがとうございます。楽しんでもらえて何よりです。
    失敗写真って笑えることも結構あって、楽しいですよね~。
    忘れっぽいワタクシには、帰ってから「なんだこりゃ?」と記憶をたぐるのも脳の訓練に良さそうな感じです。
    気ままな拙いブログに、これからもお付き合い下さい。
    ちなみに、矢印付きの写真は「キクイタダキ」でした。そういう「目」で図鑑と見比べてみると、目の表情が同じように見えるような、見えないような・・・。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.