ハズレでも

夏の間、植物を探しにとある場所に通っていた時のこと。
狙いの植物を探しながら周囲の植生や環境をふと見てみると、
「そういえばここって、冬に○○(鳥)を探しに来たらいいかもな~。環境的にはバッチリだと思うんだけど・・。しかもこの場所での観察例は聞いたことないし。」
と思いつき、この冬はその場所に通っています。
今まで何度も行ったことがある場所でも、季節が変わったり、狙っているモノが植物から鳥になったりすれば、またイチからフィールドワークのやり直しとなります。
冬でも鳥はそれなりに見られるものですが、“狙って” となると別。そういつもヒットするものではありません。
しかも私の場合、「どこそこの地域で見つけたい」という気持ちまであるもんだから、さらにヒットしません。
そんななので、最近なかなか出会いのない日々が続いていますが、まぁ、新規開拓なんてそんなものです。
そこから「何がいけないのか」考えるのも、楽しいものですから。
・時間が悪いのか、
・観察場所が悪いのか、
・天気の問題なのか、
・その時偶然にいなかっただけなのか、
・実は、そもそもそこにはいないのか・・・・・・
ネット上に情報が溢れかえっているこのご時世、“そのモノ” 自体に出会うことは昔よりも格段に楽になりました。
“そのモノ” の情報は、パソコンやスマホで簡単に引き出せます。同じような趣味を持つ者同士で情報交換することも容易です。
そんな情報を駆使すれば、環境や植生なんて気にしなくても―、何度も何度も通って自分の “嗅覚” や “目” を磨かなくても、珍しい鳥や花に出会えちゃいます。
でも実は、“モノ” に出会うという結果だけでなく、数知れないハズレの経験から自分の “嗅覚” を磨いて生息(生育)地を探し出し、 “目” を磨いて現場で見つけ出す、という、超~遠回りこそがイチバン楽しいものです。
ここが楽しめるようになると、「見つからなかった」という経験も “当たり” に感じられるようになります。
こうなるともう、悟りの境地です。
そう思いつつ、今日もフィールドワークに通うワタシなのでした。
ちなみにワタクシ、何故かハズレの日には写真を撮っても失敗写真ばかり。
今日も、でした。以下↓
見事に後ろ姿のオジロワシ。
IMG_011006.jpg
ジッとしてくれたのにボケボケ。
IMG_011005.jpg
これも微妙にボケボケ。ミヤマガラス。
IMG_110016.jpg
見事に枝かぶり。ハイタカ。
IMG_110067.jpg
なんか、みんなそっぽ向いてる。タイミング悪すぎ。マガン。
IMG_011038.jpg
これだけ大きければ失敗しないだろ・・・と思ったら、目閉じてるし。
IMG_011056.jpg
とても遠かったので、とりあえず的に。ミミカイツブリ。
IMG_011033.jpg

コメント

  1. buu より:

    こういう思考は何があってもドンと来いって気がします。
    我が家にも超遠回り大好き人間が居ります。
    2月、たのしみだわ~♪

  2. Ftre-zen より:

    実際はハズレも多いものですもんね〜。ドンと来いって感じです。ツアーではハズレって訳にはいきませんが(笑)
    出会いを長く待って楽しむ余裕もアリですね。
    2月、お待ちしています!

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.