カツラ

秋になると、カツラの木が甘い香りを出します。
そんな香りから、独特の存在感を感じるカツラの木。
このカツラは周囲の森から突出する背丈から、大きな存在感を醸し出していました。
2018-09-28%2015.18.46_041.JPG
専用の機器を使って測ってみたら、樹高は42m。
ふつう、樹高25mを超えれば「大きいなぁ~」と感じるくらいだから、そりゃ大きく見えるわけだ。
2018-09-28%2015.16.20_036.JPG

コメント

  1. タクミ より:

    カツラの木、分布は北海道から九州と図鑑にありますが、まだ見たことがありません。
    木のどの部分から香りを発しますか?幹から?枝から?葉から? 「違いの分かる男」崇拝者より

  2. Ftre-zen より:

    カツラは悪条件に耐えうる生存機能のある樹木なので、里山林よりも奥地の急傾斜地などの広葉樹林下で見られるかもしれません。探してみてくださいねー。
    ところで「香り」は(落葉期の)葉から発するようです。それにどんな意味があるのか、よく分かっていませんが。
    醤油を煮た匂い、とか、カラメルを焼いた匂い、とか・・・。とにかく、あま~い感じの匂いですよ。
    「違いが分かる(時もある)男」より

  3. タクミ より:

    時期的にはちょうどこれからですね。気を付けて歩いてみま~す♪

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.