写真整理月間

11月は身体作りも大事ですが、写真整理月間でもあります。

一年でなかなかの数の写真を撮っていますが、

  • 鳥を撮る際に連写して撮った
  • 露出を少しだけ変えて撮った
  • 構図を少しだけ変えて撮った

など、結果的に同じような写真もたくさんあります。
当然、単に失敗した写真もたくさんあります。

こんな、 ”どれもほぼ同じ” や ”そもそもピントが合っていない”、”何が撮りたかったのか分からない” といった写真も、今までは「いつか使うこともあるかもしれない」という貧乏性な気持ちから取っておいたのですが、「いつか」はたいていやってきません。
というか、その写真の存在自体を忘れているので絶対にやってこないでしょう。

無駄な写真ばかりがどんどん増えていけば、検索するにも同じような写真ばかりがヒットしちゃって選抜に手間がかかるし、ソフト自体の動きももっさりしてきます。何よりハードディスクを圧迫します。

そこで、11月は写真整理の月。
一年分の写真を見返しながら、思いきって「いる・いらない」の選抜です。

あまり深く考えずに直感で選んで、悩むのなら残す」という方針なんで、それほど頭を使うわけでもなく淡々とした作業が続きます。

だけど、見ている最中に、
「今年にこんなものを見てたんだなぁ」
「あ、そうそう、この花はこんな名前だった」
「こうやって撮ればもっと上手く撮れるんじゃないの?」
など、色々な気付きがあって楽しい。

結局、全体の1/4ほどはいらない(使えない)写真ということとなり、ずいぶんとスッキリしました。見やすくなった分、万を超える膨大な写真でも見返す気にもなります。

写真もガイドにとっては大事な情報のひとつ。

「その月のその場所の雰囲気」
「その月の積雪状況」
「その場所での開花のタイミング」
「自分が見た動植物の記憶の定着」……
などなど、ツアーをやるためにも大事な作業です。


コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.