アツい場所

9月半ばあたりから徐々に始まった鳥の渡りも、だいぶ終盤。
ニセコの森の中では、夏鳥はほとんど姿を消し、留鳥たちが冬の準備に走り回って(飛び回って)います。
そんな寂しい感じもある今日この頃ですが、北海道で唯一、アツい場所があります。
そこは、青森県を望む、津軽海峡に面した北海道最南端の地。
本州で越冬する北海道の鳥たちは、秋頃からこの地に集結し、
大きく立ちはだかる海を越えるべく、ここから本州の地へ飛び立ちます。
そんな渡りの時期にここへ行くと、まぁアツく、騒がしいこと。
一本の木に何種類もの小鳥が止まる、なんてこともあるし、
なによりここ数カ月のあいだ、聞かなくなった鳥の声がピーチクパーチク。
そして、大きな群れで何度も海へチャレンジする小鳥の姿は、相変わらずドラマチックな情景。
渡る鳥たちを狙うハヤブサとの戦いを乗り越えながら、海へと飛び立つヒヨドリの姿にも感動です。
はるか太古の昔から毎年行われている、壮大な自然の営みです。

(今回はヒヨドリの渡りのタイミングで行ってきました。)
121030%20080.jpg
121030%20044.jpg
121030%20101.jpg
121030%20058.jpg
121030%20061.jpg
121030%20098.jpg

コメント

  1. TOGZ より:

    いつも見かけるヒヨドリですが
    このようにして集団で渡るとは…..。
    やっと一人前に飛べるくらいの幼鳥にとっては
    厳しい冒険なんですね。
    これも自然の姿ですね。
    本当にアツく、感動します!

  2. Ftre-zen より:

    “渡り” という本能に刻まれた鳥の行動には、ある種の神秘性や感動を覚えます。
    来春には相変わらず何事もなかったかのように帰ってくる―、というのも、考えてみるとスゴイことですよね。
    そんなふうに帰ってくるのを心待ちにしてましょう!

  3. cumin より:

    すごいですねえ。今年はもう全員渡ってしまったのかな?

  4. Ftre-zen より:

    タイミングがあえば、まだもう少し続くと思いますよ。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.