“密” と言っても、植物のハナシ。
6月も近くなり、植物が密な季節です。
気持ちのいい季節に気持ちよく歩けるよう、このまま収束に向かって欲しいものです。
ワスレナグサ
200521-13.00.51_106.jpg
セイヨウジュウニヒトエ
200521-13.02.20_108.jpg
スギナ
200523-14.04.43_063.jpg
コテングクワガタ
200524-14.13.05_002.jpg
ニセコ近郊でこれだけのオオバナノエンレイソウ群落は珍しい。誰もいない、林道脇のただの雑木林にて。
200523-15.59.28_073.jpg

コメント

  1. 瀬田川 より:

    勿忘草 
    昔、騎士ルドルフは、ドナウ川の岸辺に咲くこの花を、恋人ベルタのために摘もうと岸を降りたが、誤って川の流れに飲まれてしまう。ルドルフは最後の力を尽くして花を岸に投げ、„Vergiss-mein-nicht!“(僕を忘れないで)という言葉を残して死んだ。残されたベルタはルドルフの墓にその花を供え、彼の最期の言葉を花の名にした。・・・Wiki
    あと、尾崎豊

  2. Ftre-zen より:

    おぉぉー!なんだか高尚な感じ。
    「今時期の北海道なら、摘もうと岸に降りなくても、もう少し上の安全な場所にヤマほどあるのに」
    なんて言っているワタシは、興冷めな人間です(笑)

  3. 瀬田川 より:

    花言葉聞いてジーンときてるなんてもう歳ですわ(笑)

  4. Ftre-zen より:

    いやいや、感性ですよ(笑)
    ―感性の乏しい人間より

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.